1.2くらいから考える将棋ブログ

わかった気になるも、よくわからないことを考えていく?

AWSでShivorayごっこをしてみたので忘備録(編集中)

環境:windows10 home

 

0.Cyberduck, Teratermを用意した。

1.AWSアカウントを作った。

2.IAMユーザーを作ったりMFAを設定したりした。

参考:AWSアカウント作ったらこれだけはやっとけ!IAMユーザーとAuthyを使ったMFAで2段階認証 - Qiita

3.S3バケットを作成した。

リージョンに注意

例:gensfen

 4.IAMユーザーを作成した。

認証情報を保管しておく(Username, Password, Access key ID, Secret access key, Console login link, などの情報)

5.ポリシーを作成した。

サービス:S3

アクション:すべてのS3アクション(よくわからんかった)

リソース→bucket→ARNの追加:arn:aws:s3:::[バケット名],

   ※[バケット名]に3で作成したバケットを入れる。はいらない。

   例:arn:aws:s3:::gensfen

6.ユーザーにポリシーをアタッチ

ユーザー登録画面を開き、[アクセス権限の追加]をクリック

既存のポリシーを直接アタッチを選択

 5で作成したポリシーを選択

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------[引用元、あとで編集[

左のナビゲーションからユーザーを選択。4で作成したユーザーを選択。アクセス許可のタブにポリシーのアタッチと出てくるので選択。

フィルターのポリシータイプを選択して、カスタマー管理ポリシーを選択。
5で作成したポリシーがあるのでチェックボックスにチェックを入れて、右下にあるポリシーのアタッチを選択。
これでIAMの設定は終わり。S3にアクセス許可をするユーザーができましたので、次はインスタンスの設定をします。

]]-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

参考:aws S3をgoofysでマウントしてFTPサーバー作成 - Qiita

 

 

sudo su

cd

sudo apt-get update

sudo apt-get install gcc

sudo apt-get install build-essential

sudo apt-get install automake autotools-dev g++ git libcurl4-gnutls-dev libfuse-dev libssl-dev libxml2-dev make pkg-config

git clone https://github.com/s3fs-fuse/s3fs-fuse.git

cd s3fs-fuse

./autogen.sh

./configure

make

sudo make install

vi /etc/passwd-s3fs

    バケット名:アクセスキー:シークレットキー

esc

:wq

sudo chmod 640 /etc/passwd-s3fs

sudo mkdir /mnt/s3fs

sudo s3fs バケット名 /mnt/s3fs -o rw,allow_other,uid=1000,gid=1000,default_acl=private 

vi /etc/rc.local

    s3fs バケット名 /mnt/s3fs -o rw,allow_other,uid=1000,gid=1000,default_acl=private 

esc

:wq

 

s3fsでマウント(IAM:ユーザー) - Qiita

 

[[IAMの設定
IAMのサービスを開いてユーザーの作成,ポリシーの作成をします。

1.ユーザー作成
1-1.左のナビゲーションからユーザーを選択、新規ユーザーの作成を選択

1-2.適当にユーザー名を書いて「ユーザーごとにアクセスキーを生成」にチェックがついていることを確認する。確認したら右下にある作成を選択

1-3.認証情報のダウンロードを選択(アクセスする際に大切なものです大事に保管)
ダウンロードしたら、閉じるを選択。ユーザーが作られているので確認

2.ポリシー作成
2-1.左のナビゲーションでポリシーを選択。ポリシーを作成を選択

2-2.「Policy Generator」を選択。

2-3.以下のようにする
※[バケット名]は作成したバケットを入れる。はいらない。

効果:許可
AWSサービス:Amazon S3
アクション:すべてのアクション
Amazon リソースネーム(ARN):arn:aws:s3:::[バケット名],arn:aws:s3:::[バケット名]/*
以上のものができたらステートメントの追加を選択。右下にある次のステップを選択

2-4.適当にポリシー名と説明を入力後ポリシーの作成を選択
[メトリクス名]が作成されました。
と出てきます。

3.ユーザーにポリシーをアタッチする。
3-1.左のナビゲーションからユーザーを選択。1で作成したユーザーを選択。アクセス許可のタブにポリシーのアタッチと出てくるので選択。

3-2.フィルターのポリシータイプを選択して、カスタマー管理ポリシーを選択。
2で作成したポリシーがあるのでチェックボックスにチェックを入れて、右下にあるポリシーのアタッチを選択。
これでIAMの設定は終わり。S3にアクセス許可をするユーザーができましたので、次はインスタンスの設定をします。]]

 

s3 をファイルシステムとしてマウントする - プログラマーのメモ書き

 4.

TeraTermで効率良くファイル転送 - Qiita

 

コンピュータ将棋開発者がAWSで機械学習を回すには? | やねうら王 公式サイト

 

Amazon S3 再入門 – AWS IAMでアクセスしてみよう!(Cyberduck 編) | cloudpack.media

 

s3fs を使って EC2 に S3 の Bucket をマウントする - Qiita

http://ifconfig.moe/

 

その他参考になったりならなかったりしたもの(私はこのへんをザッピングしてる内にやっとこさ扱えるようになったというだけで、理解力のある人は見なくてもいいはず)

IAM Roleを理解する – サーバーワークスエンジニアブログ

ロールに関する用語と概念 - AWS Identity and Access Management

Amazon S3をUbuntuにマウントする - みらいテックラボ

[AWS] EC2インスタンスにIAMロールを適用して、S3へファイルアップロードする。 – LexTech

Cyberduckを利用してS3とファイルをやり取りしてみる - かべぎわブログ

Cyberduckを使ってAWS S3にファイルアップロードを行う手順(Mac編) - Qiita

viエディタの使い方

Linuxの鬼門、viエディタの基本的な操作方法と実用的なコマンド | OXY NOTES

viを終了することができない人のためのviの使い方 | 三度の飯とエレクトロン

EC2インスタンスにS3をマウントする - Qiita

aws ubuntu s3マウント - Qiita

【超初心者Linux】第2夜:基本コマンドを使いながら覚えるのれす!(pwd,cd,ls,mkdir,rmdir,cp,mv,rm) - ぼりぼり農園

AWSアクセスキー作成 - Qiita

AWS SSH Teratermで接続しよう | Choco Soft

【初心者向け】Amazon EC2にSSH接続する【Windows、Macintosh】 | Developers.IO

http://ifconfig.moe/

AWSのIAM Roleはやはり便利だねという話 | OpenGroove

AWS入門者向け 初心者が最初に理解すべきEC2とVPCの基本的な用語解説 | Avintonジャパン株式会社

AWSアカウントの作成と必ずやるべきセキュリティ対策 | Avintonジャパン株式会社

IAM とは - AWS Identity and Access Management

AWS再入門2018 Identity and Access Management(IAM)編 | Developers.IO

EC2インスタンスにS3をマウントして使用する(IAM Role ver) - Qiita

【インスタンスって何??】AWSでよく聞く単語まとめてみた - Qiita

EC2インスタンスにS3をマウントする - Qiita

AWS初心者がEC2からS3の画像をマウントしてみた - tshizuku03の日記

awsのs3を操作する為のaccess keyとsecret keyを取得する(IAM) – joppot

【5分でできる】AWS EC2を使って仮想サーバーを作ってApacheをインストールする | 株式会社アースリンク

EC2でインスタンス(仮想サーバー)を作る方法【日本語解説】 – AWSの使い方 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor

EC2へ接続、Webサーバーインストール | 株式会社 N2P

[初心者向け] 初めてのEC2ログイン:Linux編 | Developers.IO

【AWS】アプリ屋がはじめてAWSでインフラ構築してみた@AP鯖構築編 - Qiita

AWS EC2インスタンスを作成する(AMI:Amazon Linux / Amazon EBSの設定など)

名人より強い!?将棋ソフト「やねうら王」をLinuxで動かす方法【Ubuntu 16.04・Fedora 26対応】 | Linux Fan

シェルスクリプトを使う前に - Qiita

SSHからログアウトした後もプロセスを起動しておく方法 - Qiita